ホーム

ka.taoka.info

Honeymoon 2012/12/23-25

もはや一ヶ月以上前のことだし、旅行後半はメモもとってなかったのですが、一応最後まで書いておきます。

23日

だらだらが好きな僕ですが、この旅行でメインイベントだと思っていたのが1日目のクラゲと、この日のイルカと1日遊ぶヤツ。
dolphinrodge
イルカ施設は珊瑚礁の島々の中に建っていて、ボートで向かう。1日目のボートが結構大変だったので不安もあったが、すぐ近くだった。15分ぐらいかな?施設に到着。
いろいろ解説を聞く。施設内は海峡?を仕切ったプールがいくつかあって、健康管理をしながらイルカを飼っている。落ち葉を誤飲して腹痛にならないように、落ち葉を咥えて持ってくるとご褒美に餌をあげて、葉っぱを飲み込まないようにしつけられているらしい!実際歩いてるとみんな葉っぱを咥えて持ってくる。すげー!


irukahappa
僕らは一日丸々なコースでやることが無いのか、イルカのご飯の仕分けしたり、より深くお勉強したりして、施設でできることは全部やる感じだったwもちろんイルカにサイン出して遊んだり、握手したり、捕まって一緒に泳いだりした。基本的には言われた通りに待ってればイルカさんが勝手に来て、勝手におもてなししてくれる感じでヤバかった。イルカさんデキる!
午前中コースの人たちが帰って施設に客は僕らだけっぽい状況になり、絶景のなか優雅に弁当を食べる。途中スコールが降っていた。施設の周りには普通にカメとか泳いでた。
午後コースの人たちがぞろぞろボートでやってきて、午後の部。イルカの調教についてまた勉強したりしつつ、引き続きイルカさん達の至れり尽くせりなサービスを堪能し、ボートでホテルに戻る。小さい施設に一日居たので、だらだら楽しめた。


palaundoh
ホテルでは、ビリヤードしたり卓球したりしたあと、ホテルのバーでケーキを食べつつ飲んだ。ホテルのレストランはいまいちだったが、バーはなかなか良かった。最後に、メールをチェックして猫ズ関連の連絡が入ってないことを確認。
メインイベントを着々とこなして、現地にも慣れてきて、そろそろ帰るのが惜しくなってくる。

hotelbar

24日

handmademorning
実質最終日になっちゃった。この日は内陸部に行くツアーを入れていた。朝ごはんはコンビニで買ったレタスとスパムをホテルパンに挟んでサンドイッチ作った。うまいw


gizidou
送迎車で解説を聞きつつ内陸に向かう。前日にホテルのエレベーターで一言会話した日本人のご夫婦と一緒だった。ガイドさんとパラオのいろいろを話しつつ、所々崩落した道路を通ってとりあえず首都を目指す。
パラオの首都は最近移転され、世界一人口が少ないらしい。首都移転とともに人口も流れると思いきや流れなかった的な感じで、ジャングルの中に突如として立派な建物がある。ラブホかと思ったら国会議事堂とかだった。政府施設内はなんと誰でも入れるので、ずかずか入っていって見学した。


fruitbat
一周したあと、再び車でジャングルツアーができる場所まで移動。ワンちゃんやフルーツバット君が出迎えてくれた。パラオでは、フルーツバットが昼間から鳥のようにその辺を飛んでる。出迎えてくれたヤツはここの人になついて餌もらいに来るらしい。意外と可愛かった。


wani
昼飯のBBQをしながらダラダラした後、近くの川下りへ。このへんには何十年か前には人も襲ったようなデカいワニがいるらしい。ジャングルの中を流れる川をボートで下りながら、ワニを探しつつ、落ちたら死ぬんだろうなーとか、ちっちゃい子をよくこんなとこに連れてくるよなーとか思っていた。
しばらくすると、岸辺で寝てるワニを発見!すぐ逃げちゃったけど。
その後もゆったりクルーズを楽しんで、元の場所に戻る。


パラオ伝統の草細工?とかしながら遊んだ後、ツアーは終わったんだけど、パラオ唯一の市街地で降ろしてもらう。おみやげ屋を漁ったりおやつを食べたりして過ごし、タクシーでホテルに戻る。
ホテルでは、最後のパラオの海を楽しむ。素潜りで魚追いかけたりして遊んだ。心ゆくまで堪能。

DSC_1879
晩ごはんは、ホテルのレストランでバイキング。クリスマスイブでちょっと豪華だった。食べてたら、レストランスタッフが中央にぞろぞろ集まって、歌い出した。ちょっと下手だけど普段のスタッフさんが歌うっていうのも面白い。そういえば、BGMはいつも生ピアノ弾いてる人がいて、この時も当然いつもの人が弾いていた。その点だけは良いレストランだった。

25日

というわけで、遊び尽くしたパラオも最終日。早朝というか深夜に起きて、帰り支度する。
夜道をバスで空港へ。長い搭乗手続き待ちの末、預ける荷物が重すぎて大急ぎで詰め替えたり、身体検査に引っかかったりしつつなんとか搭乗、日本へ。バカンスは終了。良いハネムーンでした。

backtojapan

Honeymoon 2012/12/21-22

もうだいぶ忘れてしまった。。一応メモとっといてよかった。

21日

前2日間のハードスケジュールもあり、12時間ぐらい寝る。はじめからそのつもりだったので、朝食用にシリアルをスーパーで買っておいた。妻は朝から飲みたがってたので、夜用に買っておいたカクテルも開けようとよく見たら王冠で、栓抜きが無かった。無理矢理開けたときに手を切ってこの後結構痛かった。。
この日の予定は午後のスパのみ。ホテル内でネット借りたり、敷地内で魚にエサやったりしながらだらだらして、スパに行く。僕は人生初。気持ちよかった。妻は爆睡してた。
その後もおみやげ屋を漁ったり、なぜか大富豪したりして遊んだ。学生の頃はよくやってたなー。。
マングローブガニ夕食は、外のレストランを予約してあったので、送迎車で向かう。生歌を聞きながらマングローブガニとか食べた。やっぱりカニには焼酎ということで、パラオと日本のコラボ商品(?)のタロイモ焼酎を頼む。独特の風味だが、やっぱりカニには合う。その後も色々食べたが、途中で飲んだグァバモヒートが美味しかった。グァバのこってりした甘さとモヒートの爽やかな味がよく合う。今度家で作ってみたい。グァバジュース売ってるかな。。寝る前にはまた大富豪した。

22日

morningset朝食はルームサービスを頼んでみた。バルコニーで優雅に食ってたら、外ではスコール。相変わらずの変わりやすい天気。
今日は市内ツアーへ。といっても、街と呼べるようなところはパラオに1箇所しか無く、数百mの道の両側におみやげ屋や食べ物屋が並んでいるだけ。半日あれば十分な感じ。
エルニーニョなどの研究施設でサンゴ礁の勉強したり、博物館的な施設で歴史の勉強をしたり、おみやげ屋を周ったりした。
午前中に市内巡りを終え、午後はホテルのプライベートビーチで遊んだ。タオル借りれるし、パラソルいっぱいある割にすいてるし、魚も結構いるし、波が少ない泳ぎやすい良いビーチだった。
ホテルのレストランでディナー食べたが、出るのが遅かったり、パン出し忘れたりしててイライラする。この後ホテルの夕飯はなるべく避けようと思わざるをえない。といっても食うところはここしか無いし、残念。


書いてて思ったが、この2日間はほんとにダラダラした。1日目でロックアイランドを大体周っちゃった安心感は大きかった。僕は色々周るよりダラダラするバカンスが好きなので、良い感じ。ずっと同じホテルにしたのも正解だった。

Honeymoon 2012/12/19-20

遅ればせながら記録としてまとめていこうと思う。

19日

直通便は深夜に着く便しか無いので、昼過ぎに家を出て成田へ。家族へのクリスマスプレゼントが完成せず、なぜか成田のベンチで出発直前まで編み物をする妻。なんとか予定通りに集合し、ゆっくり搭乗手続きできた。
機内食
機内では豪華なHoneymoon機内食が出た。映画見たりうとうとしたりしながらパラオ着。飛行機を出て直ぐに夏の匂いがした。
ホテルまでバスで向かう。もう日付が変わってから、シャワー浴びたりして寝る。まだ何もしてないけど疲れた。ツアーなので早起きしないと!

20日

ホテルのバルコニーからの景色
ねむいけど、頑張って起きた。外の景色が初めて分かる。海の見えるいい部屋だった。朝食バイキングでは普通にコメとか食える。日本人多い。
今日はロックアイランドツアー。珊瑚礁の島々の名所を1日で巡れる。船はホテル内の港から出てるので、非常に便利。


雨が降ってるのが見える
パラオではスコールが降らない日は無い感じ。狭い範囲でザッと降る雨がしょっちゅう。ボートに乗ってると、遠くで雨が降ってるのが見える。ボートは意外と速い。この日は風邪が強く、雨も避けきれずにボートで突っ込まざるをえなかったので、目的地まではとても辛かった。雨粒が顔にあたって痛いし、ボートが揺れておしりも痛い。
でも、目的地は晴れてて、とりあえずミルキーウェイで泥塗って遊ぶ。美容に良いらしい。


その後、Jelly Fish Lakeへ。ここには長年隔離されて天敵のいない塩湖があり、その中に毒を失ったクラゲが沢山生息していて一緒に泳げる。ヤバい。

クラゲをぷにぷにしたり、幻想的な世界を眺めながら、ただ浮いたりして、次の目的地へ。

ロックアイランドお昼ごはんスポット
ボートで少し移動し、良い感じのビーチで弁当食ってダラダラする。この時は青空で、とても良い景色だった。雨の降らない日はないが、ほとんどの時間は晴れていて、日差しが強い。


ロックアイランドシュノーケル
帰りにシュノーケルに寄りつつ、夕方ホテルの桟橋に到着。1日目からハードスケジュールで疲れたけど、もうパラオをある程度楽しんだ感あって良かった。


20日夕飯
気温差20℃ぐらいのところ深夜に着いて、早起きして遊んでたので疲れた。
ホテル近くにはスーパーみたいな店があり、食材とか水とか買える。ホテルのレストランはイマイチだったので、この店にはその後お世話になった。朝ごはんの買い出しして、晩御飯にパラオピザとかを食べて、早めに寝る。次の日は寝坊できるようにしておいた。

Raspberry PiでMono+OpenNIを動かして、XtionのデータをWireless LAN経由でJitterに突っ込む

XtionとかKinectで色々遊んでると、USBの取り回しがめんどくなってくる。というわけで、小型安価な1board PCであるRaspberry Piを使って無線化してみた。
前にRaspberryPi上でMonoを動かすことはできていたので、試しにC#で書く。遅いのは知ってる。
最初はUser detectionまでやろうかと思ったが、OpenNIのMiddlewareであるNITEがUser detectionを担当しているらしく、NITEはOpen sourceでは無いらしく、諦めた。CortexAなど用のARMバイナリを配布している人は居たが、RaspberryPi用は見つからなかった。方法があれば誰か教えて下さい。
というわけでUser detectionは諦め、とりあえずDepth情報のみをNetworkで投げてみることにした。

ついでに、プロトコルをJitterに合わせることで、Max/MSPで簡単に受信できるようにした。
Jitterで流れている情報はRGBXなフォーマットなので、とりあえずGBにDepthの2byteをそのまま埋める。手抜き。

紆余曲折を経たが、基本的にHard-float coreを使わなければOK。ちゃんと動いた。
xtionjitter
無線LANとXtionを駆動するので、Self-powerのUSB hubは必須。Raspberry Pi本体の電源もHubから取れた。
コンパクトに無線化できたので、余ってたプラダンでガワを作って三脚に設置してみた。
xtionraspberrypi
VNCで無線LANからGUI操作できるので、外にはUSB hubの電源だけが出る感じ。5V – 2AのAC Adapterなので、USB Mobile Batteryとか使えば完全無線化できる気がする。こんど買ってこよう。

裏からの図。青いLEDが光ってるのがUSB Hub。緑に光ってるのが無線LANアダプタ。
RaspberryPi本体のUSBにUSB Hubと無線LANアダプタ、USB HubにRaspberryPiの電源のMicroUSBとXtionが刺さっている。
xtionraspberrypi_back

おまけ
xtionjitter_neko

.NET Framework on Raspberry Pi

MonoとMonoDevelopがRaspberryPiで動くことを確認した。
latest kernelを使っていると、Hard-float ABI絡みのバグでMonoが起動しないが、公式ページからダウンロードできるSoft-float版を使うと難なく起動できた。
WinFormsのプロパティコントロールとか、重そうなGUIが難なく動くのは感動する。動作はそりゃあ遅いが、そのへんは使い方次第。

ついでに、自分がRaspberry Piにしている設定をメモしておく。

  • Setup Wireless LAN driver

たいてい、まずは無線LAN化したい。すべてはこの方が書いてくれている。
しかも、PlanexのUS-GW MicroNというUSB無線LANアダプタは秋葉原で300円で叩き売られてたのを以前まとめ買いしたので、家にありました。
ドライバを登録したら、wicdをインストールしてさくっと無線LANパスワードなどを設定できます。もちろんAuto-Connectにしとく。固定IPにしとくとあとで色々楽。
いまどき有線LANとHDMIディスプレイが同じ所には無いので、最初に無線化しておけばディスプレイやテレビの裏に放置して作業できる。

  • Setup on-screen keyboard

いちいちキーボードをつなぐのは面倒なので、matchbox-keyboardをインストールしてマウスのみで操作できるように。
sudo apt-get install matchbox-keyboard するだけ。

  • X11vncを自動起動させる

そうこうしていると、PCからRaspberryPiを操作したくなってくる。メインのPCでぐぐってコピペしたいときとか。
x11vncを入れると、HDMIで表示している画面をリモートから操作できる。
自動起動するようにしておけば、電源だけ入れてRaspberryPi本体をどっかに放置しとけば、母艦PCからいじれる。
本家のBBSに自動起動の方法がある。.desktopファイルを作るのがポイント。
http://www.raspberrypi.org/phpBB3/viewtopic.php?p=108862#p108862

  • Display sizeを変更する

VNCで接続すると、ワイド大画面で優秀さをアピールしてくるRaspberryPiちゃんを、適度な画面サイズに調教する。/boot/config.txtのframebuffer_widthとheightを800*600ぐらいにしておく。

  • Synaptic

GUIでSearchしながらいろいろInstallしたい。sudo apt-get install synapticしておくと、普通に使える。

  • 日本語Fontのインストールとlocaleの変更

ttf-takaoなど、日本語フォントをSynapticでインストールしてから、sudo raspi-configでlocaleを変更する。フォントを先に入れないと文字化けする。

このへんまでやっとけば、あとはいろいろなアプリケーションを入れて遊べると思う。
ついでのつもりが、Raspberry Pi初期設定がメインになってしまった。。

Maker Faire Tokyo 2012に行ってきた

去年までのMake Tokyo Meetingには参加できていなかったのですが、今年は行けました。今年から有料化したらしい。

夢溢れる巨大ロボを華麗にスルーして、まずはDIY MUSICを見学、そのままRSのプレゼンを聞いて、オライリー本を立ち読み、その後時間をかけて1周回りました。
非常に盛況で、内容も充実してました。仕事で展示会にはよく行きますが、こんなに熱気のある展示会はあまりありません。
3Dプリンタ、Arduino、Raspberry Piなどでみんないろいろ工作してました。以前から出店してた方も多かったらしいですが、僕は初めて行ったので新鮮なネタが沢山。
学生時代にこの場に来てたら、もっと興奮していただろうなー。時間が欲しい。

RaspberryPiにMicroSDを挿せるようにして出っぱりが少なくなるアダプタ買った。
http://yuki-lab.jp/hw/rasp-ext/index.html
あと、Arduino基板がいつのまにか非常に安くなってたので購入。
http://tiisai.dip.jp/?p=1401
標準セットだと1000円で遊べる!
中学生がお小遣いで組み込み始められるとか、すごい時代だ。
今は忙しいけど、RaspberryPiが一段落したら遊んでみよう。

ちなみに、社会人はボーナスで基板切削マシンとか3Dプリンタとか買える。どっちも20万切ってる。やべー

Raspberry PiでXtion+OpenNIを動かす

買って久しく眠っているRaspberry Piですが、以前から挑戦してみようと思ってたOpenNIのビルドとKinect互換デバイスXtionの認識に挑戦しました。
思い立った頃はあんまやってる人がいなかったけど、結婚とかしているうちにやりたい亊そのまんまな資料を公開している人が居た!
この通りにやって難なくできました。難なくとは言ってもビルドにはかなりの時間がかかりましたが。
サンプルのSimpleViewerも動きますが、かなり重いので、表示系は使っちゃダメな感じ。
とはいえ、4000円弱の名刺サイズのLinuxボードで3次元データが撮れるのは熱い!

というか、同じことやってた人、色々おもしろそうな亊やっているようです。
http://mewgen.com/
そろそろ何か形にしたいなー

この辺をやるにはPCLの勉強が必須な気がする。まあそのうち手をつけよう。。

引越し

もう1ヶ月ほど前になりますが、引越しました。
新居は2人の職場から近く、最寄りは大塚です。

前の家より高いですが、前の家は暗いし、ハエやゴキブリが発生しまくってたので、家賃以上に良い暮らしになった感じです。
前の家で発狂寸前だった妻もベランダに色々プランターを並べたり、楽しくやっているようです。

最近は壁にダーツボードを設置して、毎日のようにダーツしてます。
僕はこういう類は練習してもまったく上手くならないのですが、妻は日々上達しているようです。

荷物も片付いて、家のネット(というかWimax)も使えるようになって、そろそろ趣味に勤しみたい今日この頃です。
僕の会社さえ大丈夫なら、長く住めそうな気がするので、収納とかをどんどん最適化していきたいな。

みなさんお近くに寄ったときには是非遊びにきてください。

結婚

結婚しました。

なんだ良く分からない常識と格闘しつつ、なんとかなった。
あの会が、久しぶりに会った仲の良い人たちとうまい飯を食いながら語り合うということ以上にどんな意味があるのか、まだ考えきれていない。考えきる必要も無いかな、と思っている。
個々の常識とされている亊の是非は置いておくとして、僕らにとって死ぬまで一緒にいると誓うことは、とても幸福なことだと思っていて、それが大事な所だと思う。
どれくらい幸福かというと、誓った後に100人近くの人を忙しい所わざわざ呼び出して自慢するぐらい。
挙句の果てに僕らの家族がどれほど素晴らしいかも自慢してしまった。いやー満足満足。

まあ、挙式以外の部分は屋上BBQで代用しようと思えばできるのではないか?そのほうがコストパフォーマンスが良いのでは?という感は無いといったら嘘だが、とても満足できた。
みんなありがとう。

みなさんも結婚するといいと思います。おすすめです。

2日連続でディズニーランドの花火をみてしまった

金曜日はわけあって彼女が居たので、アフター6で合流。
行く予定じゃなかった&仕事で非常にイライラした後だったので変な感じだった。

ディズニー内は平和で良いね。カモとか歩いてる。
パレードとか花火とか見た。花火の音楽とのシンクロっぷりが凄い。花火VJ!

花火の巨大さは独特で、あの迫力を出すためには打ち上げの遅延時間は避けられない。
その時間を計算して打ち上げることで迫力と音楽との同期する技術を極めてるんだろう。

たとえば電子ピアノとグランドピアノで可能な表現の範囲は違うんだろうけど、
花火ってそういうのとは違うレベルで代替ができない独特な表現手段で、そういう技術をうまく使ったものを見ると感動する。
細かいとこ詰めるのも大事だけど、他で代替できない大技を重視していきたい。仕事でも趣味でも。

土曜日も結婚指輪を選びにIKSPIARIへ。
良い対応で無事決定。満足かつ予算内。

1 2 3 4 5

ホーム

カレンダー
« 2018 年 1月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の反応
メタ情報

ページの上部に戻る