ホーム > .NET Framework | Mono | RaspberryPi | Tips | プログラミング > .NET Framework on Raspberry Pi

.NET Framework on Raspberry Pi

MonoとMonoDevelopがRaspberryPiで動くことを確認した。
latest kernelを使っていると、Hard-float ABI絡みのバグでMonoが起動しないが、公式ページからダウンロードできるSoft-float版を使うと難なく起動できた。
WinFormsのプロパティコントロールとか、重そうなGUIが難なく動くのは感動する。動作はそりゃあ遅いが、そのへんは使い方次第。

ついでに、自分がRaspberry Piにしている設定をメモしておく。

  • Setup Wireless LAN driver

たいてい、まずは無線LAN化したい。すべてはこの方が書いてくれている。
しかも、PlanexのUS-GW MicroNというUSB無線LANアダプタは秋葉原で300円で叩き売られてたのを以前まとめ買いしたので、家にありました。
ドライバを登録したら、wicdをインストールしてさくっと無線LANパスワードなどを設定できます。もちろんAuto-Connectにしとく。固定IPにしとくとあとで色々楽。
いまどき有線LANとHDMIディスプレイが同じ所には無いので、最初に無線化しておけばディスプレイやテレビの裏に放置して作業できる。

  • Setup on-screen keyboard

いちいちキーボードをつなぐのは面倒なので、matchbox-keyboardをインストールしてマウスのみで操作できるように。
sudo apt-get install matchbox-keyboard するだけ。

  • X11vncを自動起動させる

そうこうしていると、PCからRaspberryPiを操作したくなってくる。メインのPCでぐぐってコピペしたいときとか。
x11vncを入れると、HDMIで表示している画面をリモートから操作できる。
自動起動するようにしておけば、電源だけ入れてRaspberryPi本体をどっかに放置しとけば、母艦PCからいじれる。
本家のBBSに自動起動の方法がある。.desktopファイルを作るのがポイント。
http://www.raspberrypi.org/phpBB3/viewtopic.php?p=108862#p108862

  • Display sizeを変更する

VNCで接続すると、ワイド大画面で優秀さをアピールしてくるRaspberryPiちゃんを、適度な画面サイズに調教する。/boot/config.txtのframebuffer_widthとheightを800*600ぐらいにしておく。

  • Synaptic

GUIでSearchしながらいろいろInstallしたい。sudo apt-get install synapticしておくと、普通に使える。

  • 日本語Fontのインストールとlocaleの変更

ttf-takaoなど、日本語フォントをSynapticでインストールしてから、sudo raspi-configでlocaleを変更する。フォントを先に入れないと文字化けする。

このへんまでやっとけば、あとはいろいろなアプリケーションを入れて遊べると思う。
ついでのつもりが、Raspberry Pi初期設定がメインになってしまった。。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://ka.taoka.info/wp-trackback.php?p=330
トラックバックの送信元リスト
.NET Framework on Raspberry Pi - ka.taoka.info より

ホーム > .NET Framework | Mono | RaspberryPi | Tips | プログラミング > .NET Framework on Raspberry Pi

カレンダー
« 2018 年 11月 »
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の反応
メタ情報

ページの上部に戻る