ホーム > Mono | Tips | Xtion | プログラミング > XtionによるSkeleton Trackingの弱点

XtionによるSkeleton Trackingの弱点

Xtionによる、というかOpenNIによるのかな?
ライブでの利用を想定して、プロジェクタ画面との位置関係の算出をしようとゴニョゴニョしていたけど、どうもうまくいかない。
結論から言うと、骨格認識の精度が悪い。KinectとかXtionとかは、Motion detectするために、Realtime性重視のアルゴリズムになっているらしく、Frame rateは速いが、その分精度はよくないらしい。
特に後ろ姿の認識や、壁の近くでの認識率が非常に良くない。手や頭の座標精度というよりは、手や頭が在るかどうかの認識が出来なかったり、柱を誤認識したりする。
まあ、もともとゲームなどの用途だし、しょうがないか。。3D点群の座標自体の精度は思ったよりよさそうなのに、残念。
横向きに撮るなどして精度改善を狙おう。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://ka.taoka.info/wp-trackback.php?p=292
トラックバックの送信元リスト
XtionによるSkeleton Trackingの弱点 - ka.taoka.info より

ホーム > Mono | Tips | Xtion | プログラミング > XtionによるSkeleton Trackingの弱点

カレンダー
« 2018 年 12月 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近の反応
メタ情報

ページの上部に戻る