ホーム > .NET Framework | Mono | Xtion > Kinect互換デバイス購入して開発環境作った

Kinect互換デバイス購入して開発環境作った

Kinect hackっぽいことをしてみようと思っています。
数年前に流行りましたが、今ではもはやHackでも何でもなく、Microsoftから公式SDKも公開されている。

Hardware

とりあえずKinect sensorを買っても良かったんですが、互換デバイスであるXtionを買うことにしてみた。
本家Kinectとの違いは以下の通り。機能は多少犠牲になるが、モバイル性能重視でXtionにした。

  • バスパワー駆動。USBケーブル1本で接続完了!
  • 小さい。Kinectの半分ぐらいに見える。
  • 普通のカメラが無く、RGB画像は撮れない。Depth画像のみ。
  • チルトモーターが無い。本家は首がモーターで上下に傾くらしい。

Software library

とりあえずOpenNIをいじっている。本家KinectだとKinect SDKがいいかもしれない。
OpenNIは骨格認識の際に、上半身だけとかでも認識できるらしい。ライセンス的にもOpenNIの方がよさそう。何よりLinux対応の良さが重要。

Development Environment

開発に使うOSと開発環境(開発言語)は迷うところ。
KinectやXtionを使う人はメディアアート界隈の人が多くて、openFrameworksなどからプラグイン経由で使ってる人とかが多いのかな?
MaxとかjitterとかopenFrameworksとか、そのへんの仕組みは面白そうだし、cross platformなのも魅力だが、変化が激しいし、コードを書くのに慣れた人には逆にとっつきにくい。

で、結局いつものパターンで開発言語はC#を使いたい。慣れてるから。現在、LinuxなMobile PCとWindowsなDesktopを使っているので、両方に対応したい。てことでMonoDevelopってことになる。
Xtionは情報が少なくて、特にMonoで動かす事例があんまり無い。公式にもLinuxでの対応言語にC#は無い。
最悪C++でいいや!と思って買っちゃったが、WindowsでビルドできたプロジェクトをLinuxでも普通にビルド&実行できた。
(落としてきたまんまのサンプルのバイナリは動かなかったが、理由は追っていない。)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://ka.taoka.info/wp-trackback.php?p=233
トラックバックの送信元リスト
Kinect互換デバイス購入して開発環境作った - ka.taoka.info より

ホーム > .NET Framework | Mono | Xtion > Kinect互換デバイス購入して開発環境作った

カレンダー
« 2018 年 1月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の反応
メタ情報

ページの上部に戻る